<   2008年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

金運金魚

d0025725_21493068.jpg

博物館からの帰りのタクシーの運転手さんはとても気さくで感じのいい人でした。一人旅の時、こんな風にタクシーの運転手さんとする会話は心が和みます。乗車して、一言二言会話すると、「これよかったら貰って」と大きくて日焼けした手で握って、後ろに振り向いて差し出してくれたのですが、何を握ってるのか分からず、恐る恐る手のひらを出しました。すると「金運上昇の黄色の金魚!作って、お客さんに貰ってもらってるんです」と笑った。梱包用のプラスチック紐を割いて編んである。日焼けした、決して細く華奢な手ではなかった運転手さんが拵えてる姿を思い浮かべると…微笑ましい。降りる際、「宝くじ買ってな、当たりますように!」と見送ってくれました。ありがとう。
[PR]
by makasyo | 2008-06-28 21:49 | Comments(0)

やっぱり名物?

d0025725_10524287.jpg

奈良と言えば、鹿。居ました居ました、あちこちに。観光客の方や修学旅行生達も怖がりながら、餌をあげてました。だってこの子達、結構強気?寄って来るな!
[PR]
by makasyo | 2008-06-28 10:52 | Comments(0)

奈良国立博物館

d0025725_1049541.jpg

奈良駅からタクシーで10分とかからないかな…ムシムシ暑かったので、すぐタクシーを使いましたが…。行く道々、覗いてみたいお店や足を止めたい風景がありました。
世界最古の木造建築・法隆寺金堂。仏教空間である須弥壇や天蓋、台座を一堂に会し、日本最古の四天王像が揃って寺外に初めて出た展覧会でした。何より素晴らしいのは、それらの展示物が全て直に間近でそして360度から眺められることです。千年以上の時を経ても、何かを感じられるものは凄い!としか 言いようがない。
[PR]
by makasyo | 2008-06-28 10:49 | Comments(2)

思い立つ

d0025725_1036406.jpg

金曜日と土曜日が休日になることは年に二・三度しかない。お盆に向かって行くこの時季にはほんとに稀。今週の初め週末予定が入りそうでないと判り、新聞で告知している、法隆寺展に行きたい!と思い立つ。いざ奈良国立博物館へ。大阪からJR奈良駅まで約50分。博物館は奈良公園内にあり周りは緑豊かな場所です。
[PR]
by makasyo | 2008-06-28 10:36 | Comments(0)

遂に…

d0025725_2353167.jpg

昨日、アップしたように、今日三十年お世話になったクーラーを取り外し、新しいのがやってきた!二時間ばかり感じのいい電気屋のおじさんにお世話になり、今は快適。こんなに静かで優しい涼しさになるなんて。やっぱり変えてよかったなぁ~。壁のクロスがちょっと…前のとサイズが違うから仕方ないね。クロス足さないとね。
[PR]
by makasyo | 2008-06-22 23:05 | Comments(0)

さよなら

d0025725_21584834.jpg

築三十年近い我が家。当然ながらその頃からお世話になってる家電製品もある。部屋に着いてるクーラーです。ここ何年か悩み迷い、なかなか踏切れず、騙し騙し使ってきた。年季を感じる家具調の色目。我が家の六台のクーラーの内、ほとんどがまだこんな色…今はみんな白いよね(笑)。遂に決心。今年買い替えることに。まだ何とか涼しさをもたらしてくれているが、電気代もいっぱいかかってそうだし、付けはじめに少し匂う…。明日、新しくなる。よく頑張ってくれたクーラー、お疲れ様、さようなら。
[PR]
by makasyo | 2008-06-21 21:58 | Comments(0)

d0025725_21103249.jpg

裏庭の紫陽花は濃い彩です。
[PR]
by makasyo | 2008-06-16 21:10 | Comments(0)

それぞれの彩

d0025725_2184468.jpg

ご近所のおばちゃんにいただいた 紫陽花。いただいた時は白かったのに、日々眺めてると少し薄く桃色がかって来たように思います。今は何処もかしこも紫陽花の頃…それぞれの彩りで見る人に優しさを与えてくれる、そんな花だと思います。
[PR]
by makasyo | 2008-06-16 21:08 | Comments(0)

一秒の言葉

d0025725_22481414.jpg

「はじめまして」この一秒ほどの言葉に 一生のときめきを感じることがある。
「ありがとう」この一秒ほどの言葉に 人のやさしさを知ることがある。
「がんばって」この一秒ほどの言葉で 勇気がよみがえってくることがある。
「おめでとう」この一秒ほどの言葉で しあわせにあふれることがある。
「ごめんなさい」この一秒ほどの言葉に 人の弱さを見ることがある。
「さようなら」この一秒ほどの言葉が 一生の別れになる時がある。
一秒に喜び 一秒に泣く。一生懸命、一秒 (全文)
写真はお三味線のお師匠さんから師範をいただいた時の記念に貰った時計。いつもお稽古の時、傍に置いてます。
[PR]
by makasyo | 2008-06-11 22:48 | Comments(2)

一秒の言葉

セイコーの「一秒の言葉」のコマーシャルが復活するニュースを先日知りました。二十年あまり経っての復活。私はまだ高校生でした。テレビやラジオでほんの一時期流れたコマーシャル。でもその文体、選び抜かれた言葉が、とても綺麗で強く心に残りました。高校を卒業して専門学校へ。その図書館で広告年鑑という分厚い本に、このコピー(文章)が掲載されていた。とても嬉しくて、全文をその当時書いていた日記帳に写し残しました。あの時、強烈なインパクトを残したその文章が、他の多くの方の心を打っていたことを復活のニュースで知りました。知らなかった…そんなに多くの共感があったなんて、私と同じようにこのコピーを大切にしている人が居た…なんだか嬉しい。今回、映像も音楽もリニューアルされてのオンエア。テレビではなかなか見られないでしょうから、セイコーさんのホムペで見られます。おすすめします!心が癒されるはず…。なかなか素直に言えない 六つの言葉。ほんの一秒ほどの言葉なのに…。私も時より、そう言えない。私の周りにも、言えない人、そしてとても自然に素敵に言える人、両方います。この嬉しい復活を機に、も一度短いこの言葉を大切にしたいな、と思います。
[PR]
by makasyo | 2008-06-11 22:33 | Comments(0)

日々あれこれ


by makasyo